幽霊かどうかわからないけど、
実家に住んでる「ななしさん」の話をするわ。

トイレのカギを開けて出る時に、
カギの開け方が甘いと、
ドアを閉めたときにカギがかかっちゃう場合があるじゃん?

私が小学校の頃に引っ越した家ではそれが頻繁におきて、
家族全員イラッとしてた。

住んで半年くらいたった頃、
私がトイレに入ろうとしたら
また誰もいないのにカギがかかってて、

またか…と思いながら
小銭取りに行って戻ったら、
カギが開いてた。

あれ?なんで?と思いつつ、
夕飯時に家族に話したら、
母さんは怖がって、
父さんはカギが調子悪いのかな?
交換でもするかって笑ってた。

まぁ、交換しても
カギは誰も入ってないのに閉まってるわけで。
母さんは引っ越したいってしきりに言ってたけど、

それも1年くらい経てば慣れたみたいで、
トイレを占拠してる人物を
「ななしさん」と呼ぶようになった。

一度、ななしさんを見てみたい!って思って、
外の小窓から覗こうとしたことがある。

ななしさんが入っているのを確認し、
じゃあって玄関から外へ出ようとした瞬間、
「カチャン」ってトイレのカギが開いた時は結構怖かった。

なんか「覗くなよ」って言われた気分になったし、
カギが開いた瞬間に立ち会ったのは初めてだったから。

家をリフォームしたら現れなくなったけど、
なんか不思議な存在だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事