子供の頃からいろいろと見えていた「モノ」が
普通じゃない「モノ」だと気付いた時の話。

僕が小学校に入った頃だったと思う。

原因は記憶が曖昧で覚えていないけど
2、3泊の入院をした時、それを見た。
夜、もう部屋の明かりを落して静まり返っていても
昼間からずっとベッドに横になってばかりいたせいか
全然眠くならないでいた僕は
4人部屋の病室を何の気なしに見回していた。

病院の駐車場の明かりが窓からぼんやりと室内を照らして
だいたい部屋の中に何があるか判別できるくらいの暗さ。

それは隣りのおじいさんのベッドの側に立っていた。

輪郭に凹凸が少なく、のっぺりとして厚みも感じられない。

それでも、頭、肩、腕、とヒト型をしているのがわかる。

全身が薄く青い光を発しているように見える。

眠っているおじいさんを見ているのか、ぴくりとも動かない。

が、その青い影は僕が見ているのに気付いたのか
ゆっくりと振りかえり、異様に大きい目を僕に向けた。

大きな目に穴を開けたような真っ黒な瞳がぽつんとある。

そしておじいさんを指差してこう言った。

「もうすぐだよ」

その青い人影はまたおじいさんを見つめるように向き直った。

僕は直感的に気味の悪さを感じて
看護婦さんを呼ぶためにベッドを抜け出し
ナースステーションに向かった。

当直の看護婦さんを呼んで部屋に帰ると
その青い人影はなく、おじいさんも静かに寝息を立てている。

で、結局僕が退院するまでおじいさんに何事もなかったけど
今でもごくたまに、そののっぺりとした青い人影を見る。

たぶん、あちこちにいるんだと思う。

一応霊っぽいのを見る事ができる体質みたいだけど
それはなんか異質で、ちょっと、気味が悪い。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事