母とお墓参りに行きました。

帰りに水汲み場に残ったお水を捨てに行き、
バケツを返していました。

母が

「天気が悪くなってきたから早く帰ろう」

と声をかけてきました。

私は、わかったと返事をしようと、
母の方へ顔を向けようとしたところ、
なぜかゴミ捨て場の裏を覗くような動きをしたのです。

そこには、
骨壷を収めた箱がポツンと置いてありました。

思わず

「うわっ骨壷や」

と声をあげました。

母は

「見なかった事にして早く帰ろう」

とさっさと霊園を出て行きました。

私も慌てて駐車場に向かいました。

それから、やたらと転ける。

何もないのにつまづくと言う事を繰り返しました。

道路、階段、横断歩道
ありと、あらゆる所で転びます。

とにかく数が尋常じゃありません。

変なのがまた憑いたのかな?と思い、
地元の神社にお参りしようと行きました。

奈良の先生に

「神社の鳥居を一杯くぐりなさい。
悪いのを払ってくれるから」

と言われていたので、
悪いのが憑いていたら取れるだろうと思ったからです。

いざ、くぐろうと神社に着くと、
階段の真ん中ぐらいで大きな蜂に邪魔されて
神社に参拝出来ません。

私が階段から離れると蜂の姿も見えなくなるんですが、
近づくと姿を現します。

これは何かに邪魔されてるのかなと考え、
奈良の先生に連絡を取って貰いました。

今回は先客が居なかった為、
直ぐに左の部屋に通されました。

「異常なほど転けるんです」

と先生に最近の事を伝えました。

神社に入れなかった、
鳥居をくぐることも出来なかった事も伝えました。

すると先生は一息吸うと、

「背中向け、手は胸元で合わせ目を瞑り」

と言われ、
また呪文のようなものを唱えていました。

30分程そうしていたでしょうか、
長いなと考えていました。

突然

「はい、終わった」

と言われました。

「あんた骨壷拾ったか?」

といきなり言われました。

「霊園のゴミ捨て場で見かけました」

と答えると、

「その人が着いてきてた。
なんで供養してくれんのかって」

先生に言われるまで
骨壷の事は忘れていたので驚きました。

書き起こしてみると
きっかけはあの骨壷の箱なんですが、
見たのも一瞬でしたし、
母の『見なかった事』の発言で、
私自身意識をあまりしていなかったのです。

「えっあんな一瞬で」

「あんたは気づいてくれたから、
供養してくれると思ってんて」

「気づく?」

「多分、誰彼関係なしに呼んであんたは反応した。
意識せんとゴミ捨て場の裏覗いたやろ?」

「転けたのは何でですか?」

「生前足を悪くしていたから、
気づいて欲しかったから。
自分に気づかないからどんどん転ばした」

「あの蜂もですか?」

「蜂は関係ない、偶然や」

と言われました。

「これからそういうのを見かけたら、
その場で『さよなら』って声に出して帰り」

と教えられました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事