隣の家に猫がいる。

名前を「キク」という。

いつもそこん家の婆ちゃんに、
畑へ行くにも寄り合いへ行くにもくっついていた。

でもキクは婆ちゃん以外には激しく無愛想で、
他の家族にすら殆ど懐かない程。

ある日その婆ちゃんが突然亡くなってしまったのよ。

それから暫くキクを見なかったが、
ある晩自販でジュースでも買いに行こうと外へ出たら、
あの無愛想なキクが擦り寄って来た。

こんなの初めて。

婆ちゃんが死んで弱くなったのかキク?

暫く構ってやって、
バイバイしようと思ったが、
キクは何処までもついてきて離れてくれない。

家の中までついて来たので、
胸が痛んだけど締め出した。

暫く玄関の外で鳴いていた。

ううごめんよ…。

翌朝、
学校へ行こうと玄関を開けたら、
キクが飛びついてきた。

隣の母ちゃんが見ていて、

「たまげたね!この無愛想が」

と笑っている。

他の人間には相変わらず無愛想らしい。

で、この話を学校でしたら友達曰く、

「…おまえ婆ちゃん背負ってるんじゃないの?」

こわ~い。

キクは今も私にべったり。

今も縁側に可愛く前足をかけて私を見てる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事