オレは九州の山奥で、
砂防ダムをつくってる。

泣きたくなるような職場なんだが、
おふくろは半分寝たきりだし、
兄貴はちょっと頭がアレで、
二人とも会社の寮にオレと住んでる。

辞めるに辞められない状況なんだわ。

一日十一時間働いて、
休みは週一回。月給十万八千円。

寮費が四万五千円抜かれて、
昼飯が九千円天引き。

あと、管理費とかいう良くわからんのが、
二万円取られている。

手元に残るのは三万ちょっと。

気晴らしといったら、
月に二度くらい街に出て、
漫画喫茶に寄るくらい。

交通費の方が高いけど、
どうしようもない。

そんな職場だから、
オレみたいに事情がある奴以外は逃げる。

人数分のメットすら用意してない会社だから、
事故も多い。

たまに労災で死人も出るけど、
問題にはならないみたい。

なんせ逃げるのが多いんで、

「いなくなりました」

で通っちゃうんだよな。

んで、先月なんだけど、
その日はセメントの袋を開けてコンベアにぶちまける仕事を、
一日中やらされてたんだ。

で、夕方に袋を開けると、
セメントの中に厚手のでかい封筒が混ざってた。

そのセメントは、
系列会社の工場で作ってるんだよね。

20キロくらい離れた。

終業した後、封筒を開けたら、
ボロい布きれと手紙が入ってた。

文面は、こんなの。

『私はセメント工場で働いています。
彼氏はクラッシャー(破砕機ね)へ石を入れる仕事でした。
二月七日の朝、大きな石を入れる時、
彼氏は石と一緒にクラッシャーの中へはまりました』

『作業着のすそをつかんで助けようとしたけど、
彼氏は水におぼれるみたいに石の中に沈んでいって、
砕けて赤い石になって、ベルトの上に落ちました。
そのまま粉砕筒に運ばれてもっと細かく砕かれて、
焼かれて、セメントになってしまいました』

『骨も、肉も、粉々になって、全部セメントになっちゃいました。
残ったのは、ちぎれた作業着の切れ端だけです。
事故でラインが止まったので、私は袋詰めの行程にまわされました。
私が彼氏が混ざったセメントを袋に詰めています。
それで、この封筒を一緒に入れました』

『メアドを書いておくので、連絡ください。
このセメントは何に使われましたか?それが知りたいです。
うちの社長みたいな、金持ちの家の壁とかに使われるなんてこと、
ないですよね。
それだけは嫌です。絶対許せない。
そんなところにだけは使わないでください』

『まだ二十六歳で、やさしくて責任感が強い人でした。
仕事はきついし給料は安くてボロボロだったけど、
結婚する予定というか、できちゃったので、無理して働いていました。
会社を辞めたいといってたのに、もう少しの我慢だからって、
私が止めてました。
辞めさせてあげれば良かったのに』

『もう貸衣装も予約していたのに、
セメント袋を着せることになるなんて。
彼は棺桶にすら入れずに、セメントになってしまいました。
骨壺は会社が用意してくれたけど、中身はからっぽです。
だから、寮の部屋にあった遺品だけ入れました』

『メールください。あの人のお墓になる場所を教えてください。
代わりに、彼の作業着の切れ端をあげます。
あなたも用心してください。さようなら』

この手紙見て、本当に嫌になって逃げ出そうと思ったけど、
おふくろと兄貴の件があるんで、まだそこで働いてる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事