大学に通うため上京してすぐのことです。

高田馬場から徒歩15分ほどにある、
家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。

6畳でトイレ、キッチン付きだったので、
その当時としては割りと安かったと思います。

家具も家電製品もなく、
布団とダンボール詰めの衣類だけの何にもない部屋で、
最初の一月は自炊をして我慢していました。

入居翌日、
ひまをもてあまし部屋をうろうろ歩き回っていると、
足裏にチクリと痛みを感じました。

木の棘か畳のささくれでもあるのかと確認してみましたが、
特に何もありません。

数日後、部屋の中を移動している時、
また足裏にチクリと痛みがありました。

今度は正確な場所が特定できたので、
畳に顔を近づけてじっくり調べましたが、
残念ながら何も見つけられませんでした。

その後も何度もそのチクリにやられました。

部屋の中央から少しずれた位置にそのポイントはあり、
いつもは気をつけているのですが、
たまに踏んでしまうのです。

ある日、
慣れない大学生活にストレスが溜まりいらいらしている時に、
またチクリポイントを踏んづけてしまいました。

やり場のない怒りが沸き起こり、
足を大きく上げると、
そこをドスンと思いっきり踏みつけました。

すると、踏みつけた足に激痛が走り、
足の甲がみるみるうちに血に溢れました。

痛みが凄くてしばらくは動けませんでした。

ようやく足をあげると、
どうやら足の裏から甲まで貫いて何かが刺さったようです。

ただ、肝心の刺さったものが見当たりません。

足の中に入り込んでいるようでもありません。

片足で跳ねながらなんとか近所の病院まで行って、
治療してもらいました。

やはり何か鋭利なものが、
足裏から足の甲まで貫通していました。

医者に何度も怪我の理由を聞かれましたが、
私も答えようがなく、相当不審がられました。

その後、そのチクリポイントには
『トラノオ』という観葉植物を置いて、
絶対に踏まないように気をつけていました。

遊びに来た友人はみな邪魔がっていましたが。

2年後、
契約の更新時期に引っ越すことにしたのですが、
ふと気になって畳をひっくり返して、
例のポイントを確かめてみました。

畳の下は板張りになっているのですが、
例の位置に掘り込みがしてあって、
出刃包丁を4分の1くらいのサイズにしたミニチュア包丁が、
ぴったりとはめ込んでありました。

サイズは小さいですが、
造りは丁寧なもので、
高級なものに見えます。

その刃は錆びたように赤茶けていて、
生臭い臭いがしたのでした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事