私が高校生だったときのこと。

9人家族で一戸建てに住んでいました。

朝の七時前後にトイレが込むのは必至。

ある日の夕食時に母が奇妙なことを言いました。

「今朝、トイレの灯りが点いてたから、
『誰か入ってるの?』って声かけたの。
そしたら、『うん』って返事があったんだよね。
その声がS(弟)かT(妹)かどっちか分からなかったから、
『誰?S君?Tちゃん?』って聞いたら、
今度は返事なくて、
ドア開けたら鍵かかってなくて誰もいなくてゾクッとした」

それを聞いた家族は、私も含め

「聞き間違いだよ」

「隣の犬の声じゃない?」

と聞き流しました。

それから数日後の朝。

私はトイレに入りたかったのですが、
灯りが点いているのを見て

「誰が入ってる?」

と叫びました。

すると、バサッと新聞を広げる音と共に、
父の声で「おう」と返事がありました。

忙しい時間帯に新聞読むなって言ってるじゃん、
と思いながら、

「早く出てよ!」

と、催促のために
ドアノブをガチャガチャしようとしました。

ところがドアはすんなり開き、
中には誰もいませんでした。

気味が悪かったですが、
用を足して学校に行きました。

その日の夕食時に朝の出来事を話したら、
私とトイレの中のやりとりを妹が聞いていました。

「あれ、父さんじゃなかったの?」

家族の声真似をしてトイレに居た何か…。

朝の明るい時でも怖かったです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事