我が家は庭に建て増しをして、
家を広くしました。

うちは祖母、両親、兄、妹、私と大人数だったので、
部屋が増えてうれしかったのですが、
それから我が家はめちゃくちゃになりました。

父はお酒をほとんど呑まない人でしたが、
理由もないのに酒量が増え、
暴力はふるわなかったものの、
大声でどなるようになりました。

兄はそんな父がいやで、
就職が決まっていたので、
会社の寮に入って家を出て行きました。

続いて祖母、妹が家で事故死しました。

妹の遺体を見つけたのは母で、
突然のことで辛かったせいか、
変な拝み屋のところに通いつめるようになり、
家事をほとんどしなくなりました。

家が広くなってから3ヶ月で、
これだけのことが起きました。

私はというと、ずっと夢だ幻覚症状だと、
自分に言い聞かせてごまかしていたことがありました。

家を広くしてから、
知らない3人家族を、
家のあちこちで見るようになったのです。

最初に見たのは庭ででした。

父親らしき男、
母親らしき女、
子供らしき男の子。

格好は古い感じで、
3人で記念写真のように立っていて、
口だけがにやにやと笑っていて、
ばかにされてるような感じでした。

いつも私が気づくと、
2、3秒経ってから消えます。

そんな中、
野良猫が庭に迷い込んできました。

うちは動物を飼ったことがなかったのですが、
私が学校に行く時と帰ってくる時、
必ず玄関にいて待っているその猫がかわいくてしょうがなくなり、
父と母の機嫌のいい時に説得し、うちで飼うことにしました。

鼻のところにほくろのような模様があったので、
『ハナちゃん』と名づけ、
ハナちゃんの存在は安らげない家の中で唯一の慰めでした。

ハナちゃんが一緒にいる時は、
なぜかあの家族を見ることもありませんでした。

2ヶ月くらい経った頃、
ハナちゃんは急に死にました。

朝いつも1番に起きるハナちゃんが起きてこないので、
部屋を探すと、ハナちゃんは冷たくなっていました。

獣医さんは

「心臓麻痺かな」

と言ってました。

私はここ3ヶ月に起きたこと、
心の拠り所だったハナちゃんがいなくなってしまったことで、
精神のバランスをくずしたのか、全てがどうでもよくなり、
感情を表に出すことなく、毎日を過ごすようになりました。

ある夜、ふっと目を開けると、
あの3人家族がベッドの脇に立って私を見下ろしてました。

にやにやと笑っていました。

今考えると恐ろしいのですが、
その時はもう、勝手にしてよ・・・
と思っていました。

その次の瞬間でした。

ものすごい剣幕で怒っている猫の大きな顔が浮かび上がり、
父親らしき男に噛みつきました。

家族は驚愕の表情で消えました。

私もこの時はほんとうに恐ろしかったのですが、
穏やかに変わった猫の顔を見た瞬間、

「ハナちゃん!!」

と叫びました。

鼻の横の模様がはっきり見えたのです。

朝起きると、
珍しく母が先に起きていました。

寝ていたら、
布団の上から猫の足のような感触でつつかれ、
起きてしまったのだそうです。

私は抑えていた感情が一気にあふれ、
大泣きしました。

母と起きてきた父を前にして、

「酒を呑んでどなるのは止めて」

「拝み屋に行くのも止めて」

「こんなんじゃおばあちゃんと妹があの世にいけない」

とにかく泣き叫びました。

さすがに両親もわかってくれたらしく、
父は家のお酒を全部捨てて病院に通い、
母は拝み屋に行かなくなり、
家事をするようになりました。

そんな時、兄から連絡がありました。

子猫を飼ってくれないかというのです。

「寮に住み着いた猫がいて、
毎晩駅からの帰り道の途中で自分を待っている。
かわいくてほっておけない。
自分は寮だから面倒みてくれないか」

という話でした。

ハナちゃんには申しわけなかったですが、
うちで飼うことにしました。

学校から帰った夕方、
1人で家にいた時です。

台所でテレビを見ていると、
寝ていた子猫が急に起きて、
廊下に飛び出ていきました。

同時に、
廊下でバタバタバタ!と
玄関に向かって走る音が聞こえました。

驚いて廊下に出ると、
子猫が毛を逆立てて玄関に向かって怒っていました。

近づくと

「フィギャアアア!!」

と猫の怒鳴り声と、

「うわあーっ!!」

と男の声が響きました。

猫の声は子猫のものではありませんでした。

あの家族を見ることは全くなくなりました。

兄は猫が気になるらしく、
よく家に帰ってくるようになりました。

父も母もおかしなところはなくなり、
家族で1ヶ月に1度は祖母と妹のお墓参りに行きます。

我が家では、
猫はうちの守り神と思うようになったせいか、
今は7匹の猫がいます。

子猫も大きくなり、
ボスとして健在です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事