ある会社の飲み会後の話。

社員Aさんはかなり酔っていたが、
先輩たちの心配をよそに2次会にも行かず1人帰路へ。

翌日、Aさんは会社を無断欠席したのだが、
前日の様子が様子だったので
二日酔いなのだろうということで落ち着いた。

しかしこれが3、4日続くと
さすがにおかしいといううことになり、
自宅へ電話をしてみるも誰も出ない。

実家に電話してみると、
母親も連絡が取れずに心配しているとのこと。

急いで警察へ届出がされることになった。

それから2、3日して
警察からAさんを見つけたという連絡があった…

遺体として。

事故か事件はわからない。

そして、母親は警察から不可解な話を聞くことになる。

まず、Aさんが発見されたのが、
他の人たちと別れてそんなに遠くない
ビルとビルの『隙間』だった事。

その隙間が人1人がやっとこ通れるぐらいの隙間で、
誤って落ちるにしてもよっぽどの偶然じゃないと無理。

さらにその場所は、
大通りに近く人通りの激しい場所だった。

そんな場所で加えて夏場なのに、
異臭さえしていたのに
人々のほとんどは気がついていなかった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事