ごくたまに一人分より多い人がいる。

ナニが多いのか説明しづらいんだけど、
存在感みたいなものが。

かなり親しくつきあってしみじみ感じるものなので、
今まで三人しか会ったことないけど。

一人は霊視みたいな事ができる人で、
なにげなく相談とかすると、
私の身体が急に熱くなったり、
後ろ首やみぞおちに妙な感触を覚えて、
その後その人から

「ヤバい感触はない。
庭に良い匂いの花を植えるといいでしょう」

とかそんなアドバイスがきたり。

何年か前にその人の家庭にトラブルがあり、

「情報収集のためにとばした生霊が帰ってこない。
どんどん飛ばしたけど誰も帰らない。
おかげで今私は自分が薄くてヘロヘロなの」

と言ってて、
たしかに1,5人ぶんくらいになってた。

薄くなったその人は大変つきあいやすくなってたよ!

以前は存在感に圧倒されて苦しかったの。

もう一人は、職業霊能者をやってる人に、

「かなり強い霊能力がある人だけど、
自分で封印してますね。
いつか封印がとけて困った時は個人的に相談にのりますよ」

と言われてた人。

本人はそういうの一切信じない人というか、
心が強くてわりと正しく実務処理能力のある人でした。

若い時に効率的に熱心に働いて金を貯め、
今は趣味を仕事にしてのんびり優雅。

この人に相談などすると金を貸してくれる。

「あげたつもりで貸すから無理に返さなくていいわよ。
でもお返しに××(周囲の役に立つことなど)をしてくれるといいかな」

みたいな。

借りなかったけど。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事