オカルトというか、
人間って怖いなって思ったこと。

俺、湯灌(ゆかん)師してます。

湯灌についての詳しいことは適当に調べてくれ。

説明がめんどい。

簡単に言うと、故人様を処置して、
服を脱がせお通夜前にお風呂に入れてさしあげて綺麗にし、(←ここまでが湯灌)
死に化粧して、お着替えさしてあげて、
納棺後綺麗に飾り付けってのが一連の仕事内容なんだ。

これを二人で一時間でする。

数年前のことだが、
ある時仕事が入った。

葬儀社から連絡が来て斎場に向かうんだが、
葬儀社から教えてもらえる情報で、

・故人様は女性で30代前半
・事前情報で施設で無くなった
・死因は脳梗塞
・遺体の状態は、損傷なし。ただ、腹水がたまってるようで、腹部が膨れている。腹水は出てない
・宗派は無し

となってた。

ここで俺はちょっと嫌な感じがした。

腹部が膨れてるのに、腹水が出てない??

まぁそんなこともあるのかな?

症状も色々だしなぁと思い直し、
斎場へ向かった。

現場に着いて、遺族に挨拶し、施行に入る。

斎場で湯灌するために、
故人様の状態を調べてた。

(遺体に損傷がないか、傷や出血がないか、濡らしても大丈夫か。
確認は故人様を裸にしてからするんだ)

たしかに腹部は膨れてる。

しかし、腹水って独特の匂いがあって、
一年もこの仕事してればすぐに分かるんだが、
その故人様から匂いがしなかった。

で、
もう一人の人にも腹水確認をしてもらったが、
その気配はないと言う。

少し不審に思ったけど、
まぁ故人様も色々だしなと言い聞かせ、
背中を見るために半身起しすると、
背中に無数の痣やみみず腫れの跡。

すぐに施行を中断し
(着ていた浴衣を着せて、ドライアイスは当てました)、
まずは葬儀社の担当へ報告。

担当は遺族と話をするので、
俺らはしばし待機。

10分ほどして、担当から

「この湯灌は中止にしますので、今日はお引き取りください」

と言われ、俺らは帰社した。

後日、担当に話を聞くと、

・故人様がいた施設は障害者用の施設で、そこで虐待をされてたらしい
・腹部が膨れてたのは、腹水ではなく妊娠7ヶ月
・自殺の場合は検視とか入るが、病死の時は結構適当

など、色々聞かせて貰った。

不審な状態の故人様は結構見てきたけど、
ここまであからさまなのは初めてだった。

警察沙汰になったのもね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事