そーいや私は小さい時、
脳みそがかなり暖かかったせいか、
いろんな不思議な生き物と遊んだな。

たいてい弟が連れてくるんだけど、
神社の宮司の子供で、
身長ほどもあるシッポが生えている子。

毛皮のコートみたいにふわふわなんだけど、
そいつがしょっちゅうシッポの一部を口で吸っていたから、
その部分だけハゲ。

あとは、かすりのびんぼっちい着物を着たガキ。

超がつくほどのハイテンションだがスゲー運動能力で、
4メートルぐらいの用水路を飛び越えてたりした。

連れてきた弟は全然覚えていなし、
名前も知らない。

隣のラブホテル管理人の娘は、
二つ上のお姉さんだったが、
私が小学校にはいっても彼女は小学生になってないかった。

いつの間にか彼女の年令を追いこしたんだ。

大人になって、母に

「隣のラブホの娘ってなんで学校に行かなかったの?」

って聞いたら、
どうもラブホの管理人のおばさんには娘なんかいなかった。

ただ、大昔に中絶して、
その後遺症で産めなくなったらしい。

あと、カブト虫も変な種類のがいて、
胴体が金色の毛で被われていて、
頭と足の付け根に赤い毛が生えてるの。

いまだにあいつらなんだったんだろうって思うわ。


ーーーーーーーーーー


神社は普通の諏訪神社。

本人は「神社の子」を自称していたんで
「神社の子」と呼んでたんだけど、
大人になってその神社にいってみたら、
とても社務所を置くような大きい神社じゃなかった。

町の普通の神社。

小さいころは、
その神社の後ろに大きな森があって、池があったんだけど、
その池も枯れちゃって、汚い水たまりにしかなってなかったよ。

子供の時、
こういうのが見えたりこういう勘違いをしていたのは、
脳みそが幼いせいもあるんだけど、
あまりに子供すぎて自分の判断力に自信がなくて、

「シッポが生えてくる家系もあるのだ」

「小学校に上がると4メートルぐらい飛べるようになる」

と思ってフツーに接していたことかな。

カブト虫はその後、
県立博物館の人か何かに屍骸を見せたけど、
芳しい答えがもらえなくて悲しくて泣いた覚えがあるよ。

みなさんももしかしたら忘れてるか、
余りに異常な記憶なんで適当に整理されて
どこかに仕舞われてるだけかもよ。

何かの拍子に思い出すかもしれん。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事