具体的に何か実害があった訳じゃないけど
地味にめっちゃ怖い話。

俺がいつも乗っている自動車は中古の普通車なんだけど、


・前の持ち主が自動車事故で
同乗者と一緒に死んでいる。

・そのさらに前の持ち主は、
自動車事故で片目だか両目だかを失明。

・二度の事故にあっても
自動車自体には何故かほとんど破損は無い。

・俺にその自動車を売ったディーラーが謎の自殺。



俺が乗り出してからは、


・運転中に突然、
フロントガラスが真っ白に曇る。

・真夏の野外に置いていたはずなのに、
入ったら凍えるほど寒い。

・時々ハンドルが王将の床みたいにネチャネチャする。


そんな車に四年間ほぼ毎日乗ってる。

今のところは実害はない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事