実際に体験した話を一つ。

俺には2つ年下の妹と、
それと同い年の女のイトコ(仮にMとする)がいた。

当時俺が19歳の予備校生だったから、
妹とMは17歳だったはず。

Mの親は長男だったので、
Mは祖母の家に住んでた。

うちから祖母の家は電車で30分ほどで、
妹とMは仲がよく、
よく二人でナンパされに出かけていたらしい。

そして二人ともよくモテた。

ある日、お盆で祖母の家に泊まりに行った。

親戚が結構集まったが、
一階には親や叔父たちが、
二階には俺とかイトコとかが寝ることになった。

妹とMが一緒の部屋で、
俺は別の部屋で他の男のイトコと同室で寝ることになった。

もう夜2時くらいだったので、
親達や小さいイトコとかはみんな寝てた。

俺はタバコがなくなり、
妹にもらおうと思って妹が寝る部屋に行った。

ドアを開ける前から変なうなり声がしてたから、
ノックして

「何してんの?」

ってドアを開けた。

ドアを開けると明かりがついていて、
Mが妹に馬乗りになって首をしめていた。

だが、Mは隣の布団に寝ていた。

Mが二人いた。

意味がわからなかった。

俺はMが二人いることでパニックになって、

「うわぁ」

と小声で叫んだ。

(大声を出したつもりだが、
実際にはくぐもったような小さい声になった)

Mは無言で立ち上がり、
部屋をゆっくり歩いて出て行った。

やけに無表情だった。

俺の「うわぁ」で起きてもよさそうなものだが、
Mは普通に寝ていた。

俺は腰が抜けそうな気分だったが、
なんとか放心状態の妹を連れ出して別室に連れて行った。

しばらくして妹も落ち着いてきたので、
何があったか聞いたが、
何がおきたかわからないそうだ。

ただ、首をしめてきたのは
間違いなくMだったと言っていた。

結局妹はその後寝ないで
朝まで俺達の部屋にいた。

明け方になって妹が言うには、
Mはナンパで知り合ったT君が気に入っていたようだが、
T君は妹を気に入ったらしく、
そのことで最近Mとギクシャクしていたらしい。

「生霊ってやつなのかなぁ。」

と妹は言っていた。

生霊ってよく聞くけど、
実際に人に触れて危害を加えることなんてできるのかな、
と思った。

次の日、起きてきたMに
恐る恐る昨夜なにか異変がなかったが聞いたが、
普通に寝ていたそうだ。

話してて特におかしいところもなかった。

今でもあの夜のことは不思議でしょうがない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事