ある日、
玄関でグレードの消臭スプレー(人感センサー)が
シュッと作動する音がした。

続いて同じく
玄関ホールの人感センサー式の照明が
カチッとつく音がしてから、
廊下の電気が点くのが見えた。

しばらくして
リビングから子供のおもちゃの音がした。

ボタンを押すといろいろな音が鳴るものなのに。

子供は私の隣で寝ているし、
夫はさすがに触らないはず。

うるさいしリビングに見に行った。

おもちゃを置いているあたりで、
まるで蜘蛛の巣に引っかかったような
嫌な感覚が顔に触った。

払ってもやはり蜘蛛の巣どころか蜘蛛すらいなかった。

すごく嫌な気分になったし
イライラしながらおもちゃを拾った瞬間、
急に思い出した。

そのおもちゃおさがりなんだけど、
友人の子は亡くなってしまい、
仲良しのうちの子が形見分けのような感じでもらったものだった。

そしてその日が命日だったことも思い出したよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事