知り合いの父ちゃんの話。

その人の家系は、
沖縄で霊媒師みたいなことをやっていたそうだ。

それに関係しているのかはわからない。

その父ちゃん、
体が悪くて(病名までは聞かなかった)何年も寝たきり。

何度も「今夜がヤマだ」という状態になったらしい。

そのたびに、
その家で飼っている小動物が死ぬ→父ちゃん持ち越す、
を繰り返していたそうだ。

いつものことなので、
家族も「そういうものだ」と考えていたという。

ある時、また父ちゃんがヤバいことになった。

運悪く、その時はなにも飼っていなかった。

家族の誰もが「もう駄目だ」と思っていると、
窓からセキセイインコが飛び込んできた。

捕まえて籠に入れておくと、
案の定その日のうちにインコが死んだ。

そして父ちゃん復活。

その家族にとっては、
もはや不思議でもなんでもなく、
あたりまえのこととして認識されているらしい。

その息子(つまり私の知人)の職業が、
焼鳥屋というのはあまり関連がないかもしれない。多分。

その焼鳥屋での私の体験談。

飲み過ぎた日は、
奥の座敷で眠らせてもらうことがあった。

その日も、
遅くまで呑みちらかして、
そのまま座敷で爆睡。

ふと目覚めると、
ふすまで隔てられた店内が騒がしい。

まだ賑わっているようだ。

閉店間際の時刻から随分眠ったつもりでいたのに
妙だと思いつつふすまを開けると、
すでにそこは真っ暗。

しーんと静まっている。

足下に、鍵と一緒に
『帰るから施錠しておけ』
というメモがあるだけ。

怖くなって、
鍵もかけずに逃げ帰った。

翌日、その事を伝えると、
「よくあるよくある」だと。

このオヤジとつきあっていると、
こういう出来事も不思議体験じゃなくなる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事