かなり前、
化粧屋・エステの店の店に働いていた。

事情があり、
店長の家に住み込みするはめになってしまった。

いつも店長は遅く出勤してきた。

「頭が痛い」
「体が重い」

と言う。

病院に行っても、
どこも悪くないと言われたらしい。

一応、
知っていた霊媒師をさりげなく勧めてみた。

よっぽど辛かったのだろうか?

行ったらしい。

…でも、追いかえされたとのこと。

玄関に入ると、
その霊媒師は声がほとんど出なくなり、

「強い霊がついている、私の力では祓えない」

と帰されたらしい。

私達友達三人は、
ひやかしではなく霊媒師めぐりをしていた。

そこは金銭では無く、
するめ・お酒を持っていけば祓ってくれた。

「色情魔の霊がついている」

三人共同じことを言われ、
一人ずつ祓ってもらった。

おいおい、色情魔はないだろ。

失礼だなと思っていると、
友達二人は号泣している。

「何故、涙がでてくるか分からない」

と言いながら号泣している。

「いいのよ。それが自然なの」

と霊媒師が言った。

私は涙が出てこない。

何故?色情魔が強いの?

号泣している友達が羨ましかった…。

店長にはそこを勧めた。

でも断られ、
自分で霊媒師を捜してきた。

お祓いの日は、だんご?を作ったり、
お菓子を用意したり、
陰陽師の人が使うものを用意したりと、
色々用意して大変だった。

他にもあったはず…。

霊媒師が来た。

手には太鼓みたいのを持っている。

店長の他界した父親の写真を真ん中に置いて、
霊が話すことを他界した父親が聞いて、
それを霊媒師に伝える…というやり方。

ドンドンドン…

太鼓みたいなのをたたき、
除霊が始まった。

みんなが手を合わせている。

私はしばらくして居眠りをしてしまった…。

何日も前からラップ現象でほとんど寝てないからか?

となりの子に起こされた。

友達はうたた寝してた私を親切に起こしてくれた…
と思っていたが違っていた。

「○○ちゃん、あれ見て」

指さしたのは、店長の父親の写真。

霊媒師が何か言うのと同じタイミングで、
写真の口が動いている。

その子も私も除霊が終わるまで、
耳では霊媒師の言う事を聞き写真を見ていた。

最後まで口は動いていた。

除霊が終わる頃には、
笑顔?笑ってる?口元だった。

「これを、すべての部屋の入り口に貼るように」

と御札みたいなのを置いて、
霊媒師は帰って行った。

セロハンテープですべての部屋に貼って、
5分もしないうちに…。

セロハンテープが悪かったということにして、
画鋲で貼ることにした。

店長に憑いてた霊は、
そこの土地に前に住んでいた人だったらしい。

お婆さんと孫。

憑いてはいないが、
家の周りにはその頃の近所の人の霊もかなり居たらしい。

そのお婆さんは蛇を奉って?いたらしく、
近所の人もお婆さんと一緒に蛇を奉っていたらしい。

お婆さんの応援?

お婆さんは『蛇を奉ってほしい』がために、
店長に憑いたらしい。

私は商売人じゃないから分からないが、
狐や蛇を奉る人がいるらしい。

最悪な事に社長は狐を奉っていたがために
、お婆さんの願いは叶える事が出来なかった。

蛇は水が好きだから庭に池を作れば良い、
ということも出来なかった。

仕方なく毎朝水をまき、
供えることにした。

除霊も終わった。
お父さんの写真も笑顔?だった。

すべてが終わった…。

でも終わってなかったのかも知れない…。

店長が不思議な行動をした。

風呂場に行って水を浴び(まだ、水が冷たいのに)、
玄関の方向に這っていくのだ。

不気味だった…。

本人は何をしたのか覚えてない。

こんな所に居たくない。

私は

「母親の具合が悪いので、自宅に帰ります」

と言い帰してもらい、
ついでに写真を見た子と一緒に仕事も辞めた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事