もう10年以上前のことである。

夜、自分の部屋で眠っていたところ、

「シュンシュン…シュンシュン…」

と、何か風を切る音が。

布団に寝たままそっと目をあけると、
自分の真上にかけてある洗濯ヒモが超高速回転しているではないか。

(アレー?なんでこんなことが…)
と思いつつ目でその先を辿って行くと、
壁際のタンスの上に20センチくらいの1人の『こびとさん』が!

しかも全裸で一心不乱にヒモをまわし続けているのだ。

当時の私にはそれがとても恐ろしいものに見え、
すぐに布団にもぐりこんだ。

今思えばあの『こびとさん』は、
きっとトレーニングの最中だったのだろうと思う。

なにせ素晴らしい筋肉だったのだから。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事