友達のU君の話。

1990年ぐらいのこと。

U君はその日珍しく残業した。

仕事を終えて、
南武線の最終電車に乗り込んだ。

U君のアパートは川崎方面なので、
車内には殆んど人が乗っていなかった。

椅子に座ると仕事の疲れから、
ついうとうととしてしまった。

そこで、ちょっとした夢を見た。

夢の中で彼はやはり電車に乗っているのだが、
その隣で子供が二人、楽しそうに話しているのだ。

「何人くらい?」

「うーん、7人でいいよ」

「全部で13人だよ」

「じゃあ、9人?」

U君は、
子供達が何かいたずらの相談をしているのだと、
なんとなく分かった。

「ひとりも駄目!」

U君はそう言うと、
はっと夢から覚めた。

そのとたん、
電車内の照明が一斉に消えた。

電車の高架線?が、
火花を撒き散らして踊っているのが見えた。

衝撃はあったけど、ドーンと言う感じではなく、
がたがた道を自転車で突っ走っているような感じだったそうだ。

脱線事故だった。

線路脇にある駐車場に突っ込み、
建物の手前で止まった。

幸い死者や重傷者はなく、
病院で手当てを受け、
そのあと警察から事情聴取を受けた。

後で聞くと、
その時電車に乗っていたのが、
運転手や車掌を含め13人だったそうだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事