小学生の頃の話なんだけど、
友達の家に隠し部屋があった。

入ったことはなかったんだけど、
明らかにそこだけ壁が違った。

壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして、
怖かった記憶がある。

ある日、誰が一番叩き続けられるか、
っていう肝試し的な事をする事になった。

怖かったんだが、
仲間外れにされたくなかったし渋々参加。

そして俺の番。

10回ほど叩いた頃だろうか、
何か聞こえる。

壁に耳を当ててみると、

「ひとつあわてしなぬのち、
ふたつあわてしなぬのち」(かなり曖昧、スマソ)

って歌が聞こえてきた。

ガクブルしながら動けなくなっていたら、
友達のおじいちゃんが走ってきて、

「起こしたのか!起こしたのか!」

と凄い剣幕で怒鳴られ、
すぐに神社に連れてかれて御祓いされた。

あれはなんだったのだろうか…

ちなみに友達の家は、
地元でもかなり古い家だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事