ワイは仕事柄色んな街に行くんやが、
その時看板とかちらっと見るんや。

結構おもしろいのもあったりするからな、
例えばでっかい社長の顔看板とか
それである時某県道を走ってた時に妙な看板を見つけたんや。

『この先(掠れ)m (掠れ)屋』

こんな掠れてんのにほったらかしてんのか、
とちょっと疑問に思ったけどそんなこともあるか、
と切り替えた。

そんで帰る前にその近くを通ると
今度ははっきり読めた。

『この先100m 呪い屋』

仕事終わりで疲れもあったからかボーッと見てたけど、
すぐに興味が湧いてきた。

いったいどんな店なのか?と、
冷やかしに行ってみることにした。

行くと本当にそういう名の店があり
外ののぼりには

『呪い請け負い』

不気味ではあったが好奇心に負け入ると、
本屋の店員でもしてそうな普通の見た目の店主がいた。

店内にはそれっぽい道具は見当たらないし、
まるでカウンターだけのシンプルな飲み屋のようだった。

「いらっしゃい、今日は誰をお呪いで?」

声を掛けられビクッとしたが
ワイはまた嫌な好奇心を働かせてしまった。

「あ、あの……(誰がいいかな……せや!)
上司を呪うのは可能ですか?」

「ええ、できますよ。
上司さんの写真とか、ありますか?」

「携帯で飲み会の時撮ったのが」
(上司が一発芸したのを撮った写真があった)

「はい、大丈夫ですよ」

店主に写真を見せると
それをじーっと睨んでいた。

「どの程度で?」

「じゃあ、軽めで」

「はい」

すっと目を細めたと思ったら

「はい、できましたよ」

「え、終わり?」

「はい」

上司は次の日から1週間休んだ。

食中毒だったらしい。

それだけ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事