今から25年ぐらい前の話。

田舎から都会の団地に引っ越してきました。

団地の北側の部屋の窓は、
落下防止のための柵がありました。

その柵はほかの部屋とも繋がっているらしく、
離れた部屋で柵にぶつかった音がよく響いてきました。

夜になると、
下のほうの階に赤ちゃんがいるらしく、
泣き声が聞こえてきたりしていました。

夜になると、
きまって柵に何かがぶつかる音がします。

ガーン ガーン ガーン
と響いてくるのです。

最初の頃は我慢していましたが、
毎日聞こえてくるのでイライラしてきました。

一言、文句を言ってやりたい。

文句は言えなくても、
どこの家がガンガン叩いてるのか調べてやる。

そう思い、行動に出たのです。

音は夜11時頃に聞こえるので、
その時間帯を狙って窓を開けて見ていました。

ガーン ガーン ガーンと
その日も聞こえてきました。

窓から顔を出してキョロキョロしていると、
3部屋右隣の窓の外に、
水色のボールのようなものが垂れ下がっていました。

子供がボールで遊んでいるのか?
と思ってみていたのですが、
どうも違うみたいです。

水色のボールは、
くるりと向きを変えました。

赤ちゃんでした。

頭の中は????でした。

赤ちゃんは、
無表情で壁伝いに私の家のほうに移動してきました。

ヤバ~と思い、
急いで窓を閉めました。

鍵をかけカーテンを閉めると、
街灯の明かりで赤ちゃんの影が
うっすらと窓の前にいるのがわかります。

しばらく、じ~っとして、
それからもときたほうに戻って行きました。

あとで聞いた噂では、
私たちが引っ越してくる前に、
3部屋右隣に住んでいた人の子供が死んだらしいです。

当時は事故として処理されたようですが、
虐待だったのではないのかとの噂話です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事