紀伊田辺の現場に一週間泊まりで行ったとき、
仕事終わりに入った居酒屋のおっちゃんが、
夏場だったせいか怖い話をいろいろと聞かせてくれた。

その中で特に印象深いこんな話があった。

「壊れた人形、てやつを知ってるか?」

他の話はいかにも怖がらそうと雰囲気を出して話してたのに、
この話だけは妙に空気が違って、変な緊張感があった。

おっちゃんが話したのはこうだ。


ある写真に付けられてる名前だ。

一人の女が裸で写ってる。

まぁその時点で常識的にまずいもんだが、
ひとまずそれはおいとけ。

普通の写真じゃねえんだ。

その写ってる女はな、
全身細かい穴だらけなんだよ。

まさに蜂の巣って感じでな。

人によっちゃ、
一目見ただけで吐いちまうぐらいのものすげえ姿だ。

頭も顔も、体中…

それこそ手足の指一本一本に至るまで、
びっしりと無数に穴があいてる。

真っ黒な穴がな。

この写真は数枚存在するんだがな、
写真によって違いがある。

それぞれ一箇所ずつ、
穴がない写真になってんだ。

右腕・左腕・右足・左足・胴体・顔・頭。

七枚になるか。

全身穴だらけの一枚を加えて八枚だな。

全部で八枚存在する。

もともとはどっかの地方の村だかで、
かなり狂信的に祀られてたもんらしい。

よくあるだろ?

村ぐるみで何かを隠してやがるなんて話はよ。

この写真もそういったもんだった。

その村は男尊女卑っつーか、
女が玩具でしかねえ村でよ、
強●だの調教だのが当たり前のようにあった。

村のほとんどの女が、
村のほとんどの男に好き放題ヤられちまってる。

毎日毎日、何度も何度もな。

その中で、
特に男共の玩具にされてた子がいたんだよ。

それが、写真に写ってる女だ。

その子はその村の出身じゃなかった。

何も知らずただ近くに迷い込んじまったところを、
村の男に捕まっちまったんだな。

その日からその子は村一番の玩具さ。

わけもわからぬうちに、
次々と男共を満たす餌となった。

よほどひでぇ事を日常的にされてたんだろう。

その子は精神的におかしくなっちまった。

腐った野郎の手にも負えないほど、
人間として成り立たなくなっちまったんだ。

奇行しかない女なんざいらねえと、
その子は村から放り出され、すぐにいなくなった。

自我はとっくになくしちまったはずだから、
どこにいったのかもどうなったのかもわかんねえ。

村ではすぐに忘れられちまったからな。

言いたかねえが、
自分が自分でなくなっちまったまんま…

どっかで死んじまったんだろうな。

それからしばらくしてな、
村である事が起こった。

その子の写真が、
次々と村のいろんな場所から見つかるようになった。

その子が裸で立ち、
こちらを見つめている写真がな。

誰もそんな写真を撮った覚えはない。

どういう事なんだと村中恐怖で包まれた。

見つかった写真は八枚。

どれも同じ写真だった。

だが、当初は穴などなかったんだ。

綺麗な体が写っていた。

村の連中はすぐに全部破り捨てちまったんだがな、
しばらく経つとまた村のあちこちから写真が出てくるんだ。

かならず八枚、同じ写真がな。

捨てては見つかり、見つけては捨てる。

それが繰り返されているうちに、
写真に変化が起こった。

写っているその子の体に、
だんだん無数の穴があいていくようになったんだ。

新しく見つかる度に、
体中に穴が増えていく。

腕、足、顔。

どんどん不気味な姿の写真に変わっていった。

それが決定的な恐怖となり、
村の連中はとうとう捨てるのをやめ、
その子の怨念を恐れて写真を祀る事にしたんだ。

だが、八枚の写真は日に日に体の穴が増えていった。

最初に言ったとおり、
結果的にはそれぞれ一箇所が残された七枚と、
全身穴だらけの一枚になった。

その後、
村がどうなったかは知らねえが今はもうない。

ところが、
写真は外に持ち出された。

村を出た連中が一枚ずつ分け、
それぞれの家系で代々保管されるようになったらしい。

今じゃ八枚ともまったく別々の場所にある。

地域もばらばらだろうな。

八枚のうち、
一枚だけ見ちゃならねえのがある。

顔に穴がない写真だ。

他の写真は穴だらけで顔の判別もつかねえ。

だが、一枚だけ穴がないおかげではっきりと顔を見れてしまう。

その子の顔は知っちゃならねえんだ。


これがおっちゃんが話した話だ。
(ある程度は簡単にまとめたが)

聞いた時は一気に酔いがさめた。

そのままは長くて書けなかったが、
かなり細かい話まであった。

関係あるかは知らんが、
おっちゃんは他の話や会話では関西弁もとい和歌山弁だったのに、
この話だけ標準語で話した。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事