子供の頃に行った夏祭りで変な事があった。

親戚祖父母の5人位で花火を観に行ったんだけど、
その時に観た花火が何か妙だったんだよな。

お祭りでは、御神輿の周りを囲む様にして、
お面を被った人々が盆踊りをしていた。

俺達は事前に
一番良い場所にシートを敷いて確保しておいた。

そこで弁当を食べながら
花火の始まりを待機してた。

だけども待てども待てども
一向に花火は打ち上げられない。

何故だか知らないが

「たまやー、かぎやー」

と周囲から掛け声と拍手は聞こえて来ているのに。

俺が夜空を見上げるのを止め
怪訝そうな顔で周囲を見渡すと、
やはり親戚達もワイワイ喜んでいる。

だけど空に視線が向いている訳では無かった。

俺も大人達の視線の先に目を向けてみた。

隣山の丘に何か建物があった。

お寺の様にも見える。

そのお寺を凝視していると、
急に窓の所で提灯みたいな明かりが点いた。

そしてその明かりが放り投げられ、
宙を舞いながら落ちていった。

まるで人魂の様でした。

人魂が消えるその瞬間に

「たーまやー」

と、やはり例の掛け声がしました。

拍手も。

その変わり映えしない不思議な光景が何度か繰り返された後に、
お祭りは終わったらしく人々は帰っていった。

屋台や盆踊り提灯が消えて真っ暗になったその場所で、
俺はまだ納得出来ず、
帰り支度をしている親戚をよそに例の寺と周囲の闇を観察し続け、
そこで見てしまったのだ。

お祭りに参加していた客達が浴衣を脱いでいたのだ。

でも、顕になったのは裸では無かった。

藁人形ってあるでしょう?

浴衣を脱いで仮面を取り、
人間じゃ無くなった藁人形が、
手足を縛っている紐を次々解いていき、
その場に倒れてただの散乱した藁になっていくんです。

心臓が爆発するかと思う位に動転してしまいました。

あのお寺を見るとそれはもう寺では無く、
単なる丘の上にある大きな岩なんです。

気が付くと誰も居なくなってしまってました。

親戚もおらず、
藁だけが散乱している広場でたった一人で居ました。

次の年もお祭りはありましたが、
あんな変な花火じゃ無い普通の花火だったし、
藁人形もお寺も一切出て来ませんでした。

親戚に問い質しても

「だって去年はどこかに勝手に遊びに行ってたでしょ?」

と、お祭り自体参加していないと言われた。

あれが何だったのかは今も分からない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事