中学生相手に家庭教師をしていたことがある。

学校が夏休みの夜中、
当時一人暮らしだった俺は寝ているところを
ピンポンで起こされた。

時計を見ると夜中の二時。

なんだよこんな時間に…とドアを開けたら、
小学生くらいの子供を連れた見知らぬ若い母親がいて、

「ごめんなさい、
うちの子に勉強を教えてあげてほしいんです」

と頼んできた。

その時は何の疑いもなく
因果な商売してるんだと思って、
その子を自室に入れた。

母親は

「二時間したら迎えに来ます」

と言って姿を消した。

子供相手だからと
お菓子とジュースを出して一緒に勉強していた。

しばらくしたら母親が部屋に現れて、
子供の手を引いてお礼を言いながら部屋から出て行った。

と、時計を見たら午前四時。

あれ?ドアは施錠したままだし…
自分は布団の中にいた。

あ、夢を見ていたのか。

起き上って周りを見回したら、
ジュースを飲んだ後のコップが二つと、
封を切ったお菓子の袋が置いてあった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事