ボクは中学生の時に、
首吊り自殺死体を見た事があります。

もう随分と昔の話になりますが、
遺族やら何やらの事を考えるとちょっと詳しいことは書けません。
(というか書きたくないです)

それから時々、
その光景を夢で見るようになりました。

不思議と怖さは感じません。

ボクは夢の中で、
その死体をただただボーッと眺めているだけでした。

その後、中学、高校、社会人になっても、
時々同じような夢を見ました。

ただ不思議な事に、
夢を見る都度にその死体は透明感が増していくような…

体全体が光り輝いていくような変化をみせました。

そして!!

ある日の夢では、
その光り輝く死体が上の方にスーッと昇っていきました。

ボクはその光景を、
やはりボーッと眺めていました。

ボクはその夢を見た後に、
ちょっと気になってその自殺場所を見たくなりました。

数日後その場所に行ってみると、
ロープを吊った鉄塔が撤去されていました。

ボクがその夢を見た日に撤去されたかどうかは判りませんが、
その周辺の頃に撤去されたようです。

ボクは夢を思い出し、
もしかして開放されたのかなと、
何とも不思議な気分になりました。

それ以降、
ボクはその夢を見ることはなくなりました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事