不思議な体験をひとつ。

高校3年のとき、
無名の地元国立大に現役合格した。

もともと志望大学だった。

合格してから入学手続きの間の数日、
変な夢を見た。

翌年の大学受験でより有名な大学に合格し、
合格発表から帰って来る夢だった。

「○○大に受かった」

と家の玄関を開けて、
親に報告する自分が居た。

母親は風呂上りで、
髪をバスタオルで拭いていた。

起きてから思った。

これは正夢だろうか?

○○大は難関だと思っていたから、
受けようとすら思ったことも無い大学。

浪人して受かるものなら、
浪人する価値はあった。

しかし、こんな夢を見たからと言って、
現役合格を蹴るのはバカげている。

迷った挙句、
予備校の試験も受けてみることにした。

○○大進学コースの試験を翌日受けてみてびっくりした。

何故かそのとき手にしたパンフレットの中に、
それまで見たことも無かったのに、
知っている顔の講師が3名ほど居る。

この知っているような講師に、
浪人の間に教わるのだろうか。

しかし、
講師は全部で数十名はゆうに居る。

確率は低いだろう。

結果、この変な偶然に賭けてみることにした。

一年間、浪人勉強を熱心にして○○大を受けた。

数十名はゆうに居る中から、
なぜか知っている講師が教えてくれた。

気味が悪いくらいの偶然だと思いつつ、
そうなる予定だったような気もした。

合格発表の前日、母親が

「明日はどうする?ウチに居た方が良いの?」

と聞いてきた。

夢の話が本当かどうか確かめたくて、
夢の話はしないで

「一応居てみてくれる」

と言っておいた。

翌日、○○大に合格していた。

家に帰ってくると母親が居て、
去年見た正夢と全く同じ光景があった。

もし、夢とパンフレットの偶然が無かったら、
自分の卒業大学は違っていたと思う。

恥ずかしいけど、これ実話です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事