子供の頃夏に姉と体験した不思議な話

子供の頃山間部の田舎に住んでいた。

近所とは一番近くて500m以上はあるど田舎だ。

月あかりがある夏の8時ごろ、
親が急ぎの回覧をもって行けと
小3の僕と小5の姉に言ってきた。

まぁ近所だしと思って
姉と一緒に行く事にした。

近所までは、
田んぼと畑になっている斜面の間を
車一台通れるぐらいの幅の舗装道路を歩いて500mぐらいだ。

行く途中、
道路を塞いでいる太い丸太のようなものがあった。

直径50cmぐらいだった。

邪魔だなぁとジャンプして跨ごうとしたが、
よく見るとその丸太はズルズルゆっくり田んぼの方に動いていた。

姉とビビリまくりながらそれを跨ぎ
全力で走って回覧を届け、
その家の人に事情を話し
付いて来てもらった。

現場に戻って来たのは、
最初に見てから20分後ぐらいだったと思う。

その場所には、見た生き物はいなかったが、
田んぼのあぜ道の草が3mぐらい薙ぎ倒されていた。

ただ、そこから先は草が普通に生えてるし、
道路にはずり跡がないし、
田んぼて反対の斜面にはずり跡すらなかった。

月明りで見えたのは

光沢のある肌を持った丸い黒っぽい生き物だった。

ヘビっぽいけど合点がいかない点も多い。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事