眠れぬ夜に思い出した昔話。

妹が結婚して新婚旅行へ旅立った後に、
妹の新居の中庭で呻いている女が救助された事件がありました。

その女は妹の亭主の同僚でした。

妹の旦那を好きだったとか、
付き合っていたと言うわけではなく、
ただの独身女の妬みで、
窓ガラスでも割ってやろうとしての侵入でした。

しかし、マンション1Fのベランダに侵入したら、
月明かりに照らされた畳の上に、
振り袖の日本人形がポツンと立っており、
恐怖のあまりベランダの柵乗り越えに失敗して転落したそうです。

1Fで命拾いしたから良かったものの…

タネ明かしをすると、
その日本人形は実在しています。

両親が私と妹が産まれたときに、
それぞれに日本人形を買ってくれました。

妹はそれを新居に連れていき、
まだ家具などが揃っていなかったので畳の上に置いていました。

ただ一つ不思議なのは、
妹夫婦は用心のため、
カーテンも雨戸も閉めておりました。

そのため月明かりに照らされた日本人形を、
侵入に失敗した女が見られるはずがありません。

そもそも人形が月明かりに照らされるはずもありません。

なんとなくその疑問に関しては、
妹夫婦も他の家族も触れないようにしています。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事