大学の頃の話。

友人が自殺したのよ。

マンションからの飛び降りで、
屋上に靴と遺書が残ってたらしい。

遺書の内容は
『将来の不安がどうこう』みたいなよくある話だったそうだが
(俺は読む気にならなかった)、
ただ妙な点が1個だけあって、
靴のサイズが小さかったんだ。

屋上にあった靴のサイズは24.5で、
友人のサイズは26.5。

なんで憶えてたかっていうと、
友人数人と一緒に服とか色々買いに行った際に、
同じ店で同じものの色違い買ったんだよね、俺とソイツ。

俺よりサイズでけーみたいな話もしてたんで記憶に残ってた。

あと靴紐だけは別の色の買ってた。

警察も流石に靴が小さ過ぎると思ったのか話を聞かれたんだが、
見せて貰ったのはほぼ間違いなくソイツの靴。

新品ってこともなく、靴紐の色も同じ。

結局それ以外に不審点は何も出なかったのか、
自殺ってことで決着したらしいんだが、
幾らでも想像できる余地があるんで、
今でもたまに思い出してモヤモヤする。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事