東北の太平洋地域には『山背』という気候区分があって、
これは夏に、太平洋洋上の冷湿な気団が内陸地方にやってくる現象を指すんだ。

この山背が内陸にやってくると、
山にあたって冷やされて、物凄い霧の塊になるんだが、
俺は

「山背が来たら可能な限り山背に飲まれないように逃げろ」

と教えられたよ。

山背の中に入ると、
この世とあの世の境目があやふやになるから逃げろと。

うっかりこれに飲み込まれると、
あの世の声を聞くというので本当に俺らの地域の人は嫌がるな。

俺は複数人から山背に飲まれた話を聞いたんだけど、

「大勢の人の声が聞こえた」

とか

「泣き叫びなが人の名前を呼ぶ声を聞いた」

とか、
はてまた

「宴会中の、ガヤガヤという人々の話し声とか、
ガチャガチャという茶碗がこすれあう音を聞いた」

という人も多くいる。

山背に飲まれるとあの世に片足突っ込んじゃうらしいよ。

山背に飲まれると、
腕を伸ばしただけで
自分の手のひらが見えなくなるぐらい深い霧に飲まれるらしいから、
まぁそういう事が起こるのかもしれんね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事