これは私の子供がまだ小さかった頃の話です。

上の子(当時9歳)の
幼稚園時代の集合写真を見ていた時のことです。

たまたまアルバムに入れ忘れたものだったのですが、
それを何気なく下の子(当時3歳)に見せました。

すると、
下の子がずっとある女の子を指さしているのです。

クラスは28人で、
女の子も14人くらいはいるのですが、
何故かその女の子だけずっと指すのです。

たまたま気になったのかなと不思議に思いながらも、
その写真は自分の部屋の机の上にぽんと置いておきました。

ちなみに上の子と下の子は6歳離れているので、
下の子が上の子の幼稚園時代のお友達を知る事は不可能です。

それから何日か経ち、
ジジとババが家へ遊びに来ました。

そのときになんとなく写真の話をしました。

そしてその写真を下の子の前に持って来て、

「女の子をもう一度指差して」

とお願いしました。

初め下の子は

「イヤだ」

と拒否をして、
なかなか指してくれませんでした。

私が何度も言うと渋々指をさしてくれたのですが、
やはり同じ女の子の顔を今度はぐりぐりと指しました。

嫌なのに無理強いしたから
そんな指し方をしていたのかと思った矢先、
下の子が慌ててリビングと洗面台につながる扉を閉めにいったのです。

そして

「くるよ」

と言うのです。

えっ…と思って

「何がくるの?」

と聞くと、

「女の子」

と答えます。

妙に嫌な感じがした私は
話を切り替えて写真をアルバムの中に入れ、
もう見ないようにしました。

そして数日後。

下の子とお風呂に入っている時でした。

私が髪を洗い終えて目を開けると、
下の子がお風呂の端を指し

「いるよ」

と言うのです。

当然、その空間には何もいません。

私は怖くて下の子とすぐにお風呂から出ました。

下の子はその後も
2、3回ほどお風呂場の端を指すことがありました。

そこで盛り塩を置いたところ、
変に空間を指すことはなくなりました。

私は幽霊など見えないし、見たこともないので、
話が本当かどうか分かりません。

もう下の子も大きくなり、
その時の記憶がないようなので真意を聞くこともできません。

何かの偶然かもしれないし、
単なる子供の戯言だったのだろうと私は思っています。

ただ下の子が指していた女の子ですが…

お母さんと連絡が取れないのが今では気がかりです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事