高校の頃、
部活の先輩に幽霊の触り方ってのを教えてもらった。

扉とか窓とか押入れとかかなんでも良いんだけど、
内と外みたいな区切りが作られるものを利用する。

自分がやった例で説明すると、
家の押入で、押入れの中に腕を差し入れて襖を閉じた。

当然腕の幅だけ隙間ができるけど、
その隙間から向こう側を見ないようにする。

それと、向こう側はなるべく暗くする。

自分は俯いて、体の影で暗くしたと思う。

あとは、
手とか指先とかに神経を集中して幽霊に触れるのを待つ。

ゆっくり動かしたり、
たまに止めたりするとよかった気がする。

自分はこれで触ったと感じた。

誰にも信じてもらえなかったけど。

困ったのはそこから。

幽霊?を触ったと感じてから、
触った方の手(右手)に、
たまに普段の生活でも似たような感触がするようになった。

頻繁じゃないけど、
忘れた頃にふっとあの幽霊?に触られたような気がして、
ビクッとする。

一番ビックリしたのが、
受験勉強の息抜きに夜中にコンビに行こうと歩いてて、
腕って歩くとき自然に前後に振れると思うんだけど、
そのちょうど右腕が後ろに振れたときに、
手をガシッて掴まれた時。

うゎーって夜中なのに凄い声で叫んでしまって、
色んな意味で全力でコンビニまで逃げた。

高校時代はそれのせいで結構悩んだんだけど、
大学入り会社入り、
時間が経つ内に手を触られる事もなくなって、
そんな事があった事も最近まで忘れてた。

でも、この間の休みに娘と公園に行ったんだけど、
帰る時になって娘が手をつないできて、
その時の娘の手の感触にふと懐かしさみたいなのを感じたんだよね。

あの幽霊?の手みたいだって。

自分の話はここでおしまい

あと、
当時先輩が教えてくれた関連話で、
怖かったので今でも覚えてる話。

教室の扉でこの方法を試したOBがいて、
その人も何がが触れるのを感じたらしい。

でも友達の誰かが触ってるんだろと思って、
すばやくそれを掴んだ。

すると扉の向こうからとんでもない叫び声がして、
目の前のドアが壊れそうに叩かれた。

その声っていうのが、
大勢の人間と動物が振り絞ったような金切声で、
びびったOBが手を放したら、
その絶叫の主が扉の向こうの廊下を移動していった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事