昔はよく祖父の家に行ってたんやが、
その家の廊下にいつも女の人が立っててな。

ワイは怖いからそこを通るときはいつも目を瞑ってたんや。

ある日ワイは祖父に聞いてみた。

女の人おるん怖いってな。

そしたら、あぁアレは人形やから
怖がらんでエエでと返してくれて、
なーんや人形かと安心はしたけど、
やっぱりあの廊下は怖くて目を瞑らないと歩けなかった。

そして大きくなって久しぶりに祖父の家に行ってみると、
そこには女の人はおらずワイは聞いてみた。

あそこにあった人形はないなったん?と。

すると祖父は答えた。

え?廊下に人形なんて置いとらんぞ。

応接間にはあるけど、
昔はあれ怖い言うてたなと。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事