高校生の時です。

怖い話が凄く上手な中学の先輩(男)がいるから
一緒に聞きに行こう、と友人に誘われました。

何人かで連れ立って出かけました。

「俺、怖い話大好きなんだ。
霊って絶対いるよな」

と、
話術巧みに雪の闇夜の線路を歩く白い亡霊の話など、
皆でワーキャー盛り上がったのでした。

その後その先輩に会う事もなかったのですが、
あの時私を誘った友人が、

「あの先輩が急に行方不明になっちゃってさー。
でも噂では、原宿でバーテンしてるらしいよ」

と話してましたが、
私は気にも留めずその後高校も卒業し、
その友人とも疎遠になりました。

それから暫く経った頃です。

あるニュースに釘付けになりました。

『息子殺しの一家が自首。
夜な夜なの亡霊に悩まされ』

記事は、
素行の悪い息子のお陰で娘の縁談がまとまらないと、
一家でその息子を殺し、床下に埋めた。

ところがその息子が毎晩一家の枕元に現れ、
ノイローゼになり自首してきた。
…という内容でした。

そして殺された息子さんの名前は、
まぎれもなくあの先輩でした。

足立区でのホンコワです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事