小学校低学年の頃の話なんだけど、
両親と二人の姉の5人でお墓参りに行った。

神奈川県在住で、墓地は千葉県。

事故で高速が大渋滞で、
墓地に到着したのが夕方。

ちょっと気味悪かったが、
せっかく来たのだから墓参りした。

母親が墓石の掃除を軽くしていた時、
少し遠くにある塔の影から人らしきモノがこっちを見てた。

私はそのモノに釘づけだったが、
お花も生けお線香にも火が付いたので、
両手合わせて目を閉じた。

ナームー。

でもそのモノが気になって少し目を開けた。

そしたらそのモノが、
家のお墓の3列奥にあるお墓の影まで移動していて、
こっちを見てた。

男の人だった。

ちょっと怖くなってまた目を閉じた。

両親が

「じゃあ、そろそろ~」

なんて言い出したので目を開けたら…

その男の人は家のお墓の後ろに来ていて、
片目だけでこっちをジーッと見てた。

なんの感情もない目。

怖くて姉にしがみついて、
お墓から離れた。

後ろを振り向こうと思ったら、
姉が

「見ないの!」

と言われたのでやめた。

その体験は封印した。

で、私が28歳の時、
父親が亡くなった。

その千葉県にあるお墓に埋葬した時はじめて知ったのだが、
少し奥にある塔は無縁仏の慰霊碑だった。

もう時効だと思い
姉に体験を話した。

一番上の姉は知らなかったが、
二番目の姉は終始見ていたと言う。

慰霊碑の影からのぞいていた人は、
勿論歩いて移動したのではなく、
スーっと消えてスーッと現れたと言う。

多分、無縁仏の霊だろうね…と。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事