何年か前になるけど、
駅で電車を降りて改札に向かう途中で、
女の人にぶつかった。

女の人はそのままホームに向かって行った。

そのまま改札に向かおうとしたら足元に携帯が落ちてて、
ちょっと蹴飛ばしてしまった。

多分、さっきの女の人のだろうと思って、
後を追ってホームに行ったら、
丁度電車が入ってきた。

女の人は列の先頭にいた。

が、急にフラッと前に倒れて、
線路に落ちていった。

あっと思ったときは間に合わなくて、
もうだめだと思ったが、
ブレーキ音も悲鳴も聞こえない。

それどころか、
誰もこのことに気付いてない様子・・・。

電車を見送って呆然としてると、
突然後ろから声が!

我に返って振り返ると、駅員だった。

駅員は

「大丈夫ですか?」

と一言。

「ええ、ちょっとボーっとしてたみたいで・・・」

と答えると、駅員は

「いえ、手から血が出てますが・・・」

見ると、拾ったはずの携帯電話は無くなり、
指が切れて少し出血してました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事