私が昔体験したお話です。

その当時住んでいたのは、
二階建ての古い木造のアパートだったんですが、
リフォームしたばっかりで内装は綺麗に整っていました。

床も畳からフローリングに張り替えられていてピッカピカ。

間取りは1Kで風呂トイレ別、
洗面所も付いていました。

キッチンが4畳で居間が6畳くらいだったかな?

それで家賃4万円。

都内にしては格安で、
個人的には凄く気に入っていました。

その日は、
会社の飲み会で遅くなって
アパートに着いたのは深夜1時近くだったと思います。

終電で帰ったので。

アパートの階段を上がって自分の部屋の玄関前まで来た時、
少し違和感を感じました。

今思えば、
この時に警戒して部屋に入るのを辞めておけば良かったと
心底後悔しています。

うちは玄関を入ってすぐ左手側に台所、
右手側に洗面所とトイレ、お風呂場に続く扉があって、
正面に台所と居間とを仕切る引き戸がありました。

いつもはこの引き戸は開けっ放しにしていて、
料理するときなんかに特別に締め切るようにしていました。

玄関の前まで来たとき、
扉の横にある台所のガラス戸越しに、
何かが揺れてる様な気配を感じました。

しかし、その時は、
反対側の窓から入り込んだ
走行車のライトか何かだろうと思い込んでいました。

スーツのポケットから鍵を取り出して
何の気なしに玄関を開けました。

すると、何かが部屋の中で揺れているんです。

部屋が暗くてよく見えないんですが、
居間の天井から何か長いものが垂れ下がっているんです。

開けっ放しにされた引き戸の入り口で。

それが、ゆっくり、ゆーっくり、
左右にゆらゆらと揺れています。

当然、そんなものを部屋に取り付けた覚えはなかったので、
その場に立ち尽くしてしまいました。

しばらくすると目がだんだんと慣れてきました。

そうして、
外の月明かりの助けなども借りて目を凝らしてよく見てみると、
それはどうやら、ヒトの頭部のようなんです。

どうやってかは分からないですが、
ヒトが天井から逆さまにぶら下がっていて、
白く光る首筋から生えた頭部と長い髪の毛とを、
身体全体を使いながら、
振り子のようにゆらゆらと左右に揺らしているんです。

顔は確認できないので、
自分とは反対の方向を向いていることはわかりました。

一時すると、
さっきよりも揺れがだんだんと激しくなっているのに気づきました。

はじめは、ゆらゆらだったのが、今はゆーら、ゆーら。

それに伴って段々と振り幅も大きくなってきています。

その間も、怖くて身動き1つ取れません。

何より、物音を立ててそいつが振り向いてしまうのが、
もう怖ろしくて怖ろしくて何もできませんでした。

そうしてるうちに、
到とう揺れが激しくなってきました。

頭を右から左へ、
ゆっさ、ゆっさと揺しながら、
それを追う様に長い髪も激しく揺れます。

髪の毛が擦れる音も微かに聞こえてきて、
木製の天井もギィギィと音を立て始めました。

頭を振る速度はさらに激しさを増し、
振り幅も遂には頭部を天井に打ちつける程となって、

ドンッ!ドンッ!ドンッ!ドンッ!

と、ものすごい速度で打ち鳴らし始めました。

長い髪は振り乱されてメチャクチャ。

髪の毛が擦れる音も、
もうハッキリと聞こえてきて
天井もギィッ!ギィッ!と
大きくしなる音を響かせています。

もう本当にヤバいっ!と思い
目を瞑った瞬間、
バタンッ!と音がして心臓が一瞬止まりました。

ハッとして振り返ると、
お隣さんが出てきて、
静かにしてくれませんか?とひと言。

気づくと音は止んでいて、
そいつももう居なくなっていました。

その日は流石に部屋に入る勇気は無く、
近くのネカフェに泊まりました。

明るくなってから恐る恐るアパートへ帰ると、
部屋はいつも通り。

ただ、そいつがぶら下がっていたであろう天井の下には、
長い髪の毛が何十本も散らばっていました。

その後、部屋から必要なものだけを持ち出して
ホテル暮らしを数週間した後、
早々に引っ越しをしました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事