友人Aから聞いた話。

Aは携帯電話の電波調査?の仕事をしていた。

つながりにくい家やオフィスなんかに行って、
調査して改善するらしい。

ある日、単身用マンションの一室に調査に行った。

調査してみると、
電波が悪いと言えば悪いがそれほどでもない。

ところが、
急にノイズが入って急激に悪くなったらしい。

その間1~2分、
今までに見たこと無いような悪電波で、
おかしいなと悩んでいると、住人が唐突に

「霊って電波に影響を与えるんですか?」

って聞いてきた。

Aは?となって、

「さぁ?どうなんでしょうね」

と答えるしかなかったが、
住人曰く、

「さっきそこに幽霊が立っていたんですよ。
今は居ませんけど」

その言葉でゾッとしたのと、
住人が平然としてたのもゾッとしたって…

一応対策して帰ってきたみたい。

ちなみに、マンションの裏手が一面墓地だったとの事。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事