俺の従兄弟が中学生の頃のはなし。 
  
従兄弟は幼い時に母親を亡くし、ばあちゃんと二人で暮らしていた。 
 
ばあちゃんはとても心配症で、いたずらばかりしてた従兄弟にうるさく小言を言っていた。

そんなばあちゃんに従兄弟は反抗的だった。
 
俺が小学生の頃、夏休みにはいつも従兄弟の家に遊びに行っていた。

俺に煙草を教えたり、エロい話しなどしてくれて、刺激的で楽しく、遊びに行くのがいつも楽しみだった。 
 
そんなある日、従兄弟はバイクをパクったと言ってはしゃいでいた。 
夏休みで遊びに来ていた俺は驚いた。

ばあちゃんは仏壇に向かって、いつもの様に題目?をあげていた。 
 
従兄弟はパクったバイクを近くの公園に隠したらしい。

そして友だちとそれを乗りまわそうとしていた。

俺にも一緒についてこいと言っていた。

胸がドキドキした。

これから悪い事しようとしてると思うと興奮してきた。 

従兄弟は鏡に向かい髪型をセットしていた。ばあちゃんは飯の支度をしていた。 
 
ちょっと出かけてくると言うと、ばあちゃんは驚いた顔でどこいくの!?と言った。

日も暮れかかっていた。従兄弟は何とか言いくるめようと適当に話をつけ、居間を出ようとしたその時、テーブルに置いてあった鏡がなにげなくパタンと落ちた。

見ると真ん中あたりからまっぷたつに割れていた。 

きっと行ってはいけないという暗示だったんだろうと思う。 
 
そう思いたかった。 
 
結局、俺と従兄弟はその日公園には行かなかった。

しかし待ちくたびれた従兄弟の友だちは一人でバイクに乗り、川沿いの土手から落ちて....。 

まあ怪我ですんだらしいですけど、従兄弟のともだちは、、、、。 
 
それ以来、従兄弟のMはばあちゃん怖えー、絶対うそつけねーっと言っていました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事