主人の同僚の話です。

三十代後半で、
がんで亡くなりました。

その方と最後に一緒に仕事をしていたのは、
20代後半で独身だった同僚でした。

通夜・葬式がすんでしばらく経った日、
その同僚が夜寝ていると、
布団のへりを人が踏んで歩いてると感じたそうです。

翌朝、雨の降るなかを駐車場から会社の玄関に向かっていると、
「きゃ」っと女子社員に驚かれました。

どうしたの?と聞くと、

「Oさんにそっくりで、驚いた」

と言われました。

体型も雰囲気も似通っていないのに間違われたのと、
昨夜の事もあり、
その日のうちにお線香をあげに行ったそうです。

怖いというより、
幼いお子さんを残していかれた先輩が気の毒で悲しかったそうです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事