今から二年ほど前のことです。

中古本屋で働いているのですが、
T県にあるI店にお手伝いに行くことになりました。

私の店の店長(Aとします)と後輩のBちゃん、
私の3人です。

お手伝い自体は三時間ほどで終わってしまったのですが、
そこでお使いを頼まれました。

I店で不要になった什器をM店の倉庫にまで運んでほしい、
という内容です。

支部長のお願いはお願いという形の命令ですから、
私たちは渋々ながら了承しました。

M店までは、
M店の店長の車に先導してもらい向かいました。

四十分ほど車を走らせた場所にあるM店は、
昔うちの会社が本部として使っていたという、
古い二階建ての建物です。

壁もところどころ禿げ、
お世辞にも綺麗とは言えない外観。

さらに隣り合っている建物も同じような状態だったので、
本当に営業できるの?と思っていました。

恥ずかしい話なのですが、
M店と私の勤めているS店は、
会社の中で常にビリ争いをしているような売り上げ状況だったので、

「こんな汚い店に負けるなんて…」

と落胆もありました。

倉庫は二階部分にあり、
そこに車を付けて(駐車場も二階です)
私たちは倉庫に入りました。

思っていたよりも倉庫は広く、
奥行きもあります。

けれど何より私たちが驚いたのは、
倉庫に漂う異様な雰囲気でした。

暗さやじめっとした感じはまだ分かるのですが、
仮にも倉庫として現在進行形で使われている建物にしては、
あまりにも廃墟に近い状況だったのです。

床は打ちっぱなしの板きれでボコボコというし、
壁には人が一人通れるような穴が開いています。

天井の板も一部が落ちて、
電気のコードもぶらんとしているのです。

あんまりにもそれっぽいので、
M店長に

「お化け屋敷じゃないですか!」

とふざけて言ったら、

「うん」

とM店長はあっさり認めてしまう始末。

さらには

「ここから先には行っちゃだめだよ」

と、倉庫から先に続く部屋を指して言いました。

本部として使っていたというだけあって、
手前部分に広いスペースが、
奥に仕切りで分けられた部屋が三部屋ほどあったんです。

その奥の部分が、
どうやら立ち入り禁止と言われているらしいのです。

はじめは大人しく
私とBちゃんで適当に見て回っていたのですが、
それもすぐに飽きて、
興味は例の部屋にむいていました。

怖いものは苦手だけれど、
一人じゃなければ行けるんじゃない?
と興味本位が沸いたんですよね。

皆さまにも覚えのある感情だと思います。

けれどやっぱり一人で行くのは怖かったのと、
勝手に行って怒られるのは嫌だったので、
M店長にお願いしてみました。

M店長も初めは渋っていたのですが、
結局は折れてくれました。

懐中電灯を片手に(電気がない部屋もある)
案内をしてもらったのですが、
そこは廃墟でした。

変に生活の後の残る廃墟です。

ポットだとか机だとか。

少しでも霊感のある人ならば、
一つ目の部屋に入った時点で
「無理」というようなそんなレベルだそうです。

けれど私たちの場合、
雰囲気に飲まれただけで
特に何かあったわけではありませんでした。

倉庫から出た後、
M店長が段差で足首を捻ったくらいです(苦笑)

こんな長い前置きかよ!
と思われた方すみませんが、
ここからがこのお話の本番といいますか、
本質といいますか、
怖いなぁと思った部分です。

後日、
M店で働いている方と会議で隣になり、
例の倉庫の話になりました。

彼女をCとしますね。

Cが、それから色々と
あの倉庫にまつわる話をしてくれたんです。

ここにあげた以外にもたくさんあるらしいのですが、
とりあえず覚えているものだけを。

閉店業務を終え、
施錠をしようとした際にセ○ムが反応。

調べて見ると、
どうやら二階の窓が開いているらしい。

Cはおかしいと思いながらも、
そのままでは帰れないので
仕方なく倉庫に確認に行くと、
窓が一か所だけ開いていたそうです。

おかしいですよね。

だって朝から誰も倉庫になんて行っていないんですから。

昨日から開いていた可能性はありえません。

その場合、
昨日の時点でセ○ムがセットできないので
そもそも帰れないんです。

ちなみに倉庫に行くには、
一度外に出てから行く必要があります。

倉庫の鍵はもちろん一階の事務所です。

嘘を吐いてまで、
窓を開けに行く様な酔狂なスタッフはいるのでしょうか?

もうひとつ、
私はこちらのほうが怖かったのですが、
深夜、とあるタクシー会社に送迎依頼の電話があったそうです。

『M店の者なのですが、
M店までタクシーを一台頼みたい』

こんな時間に?
とタクシーの運転手も思ったそうですが、
行かないわけには行きません。

案の定、
店の前にまで来たのに、
それらしい人は誰も居ない。

性質の悪い悪戯だと思って、
運転手は帰ったそうです。

ではなぜ、この話をCが知っていたのか。

実はこの出来事は一回ではなかったらしいんです。

あんまり何度も続くものだから、
タクシー会社の人が
昼間にM店に問い合わせをしたらしいんです。

『悪戯だったら止めていただきたい』

と。

まったくもってその通りです。

けれどそもそもM店は22時閉店なんですよ。

深夜にタクシーを頼む人がいる筈もないんです。

誰が一体、M店の名前を使って、
M店まで迎えを頼んだのでしょうかね?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事