怪談話じゃないけど、
友人から聞いた話。

彼の大叔父は戦後シベリア抑留者で、
筆舌に尽し難い程の悲惨な体験をしたらしい。

極寒の地での過酷な労働、
食事は小麦粉かトウモロコシ粉で練った団子のみ。

毎日死人が出て、
朝起きると両隣で寝てた奴が冷たくなっていたこともあったとか。

大叔父曰く、
まず真っ先に死ぬのは東京や大阪の都会出身者。

内臓が美食に馴れてしまってるので、
粗食で体が維持できないらしい。

で、次に死ぬのが農家の長男。

これは農家の跡取ということで大切に育てられた所為か、
苛酷な境遇に耐えられないのだとか。

こういう話聞くと、

「もし自分が同じ境遇になったら?」

って想像して鬱になる…

ちなみに、大叔父は農家の四男で、
小柄ながらもガッシリした体躯の持ち主。

友人曰く、

「俺よりも背が低いけど、
全身から熊のようなオーラを放出してる」人らしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事