1970年代だと記憶している。

心霊の本に書いてあった。

アメリカの心霊調査チームが、
交通死亡事故現場に、
録音状態にしたテープレコーダーを、
録音が切れるまで死者が倒れていた場所に放置した。

放置する前に語り掛けるように、
録音時間と、貴方の無念な思いとメッセージを話して下さいと話した。

実験は成功した。

メッセージが残っており声紋も一致。

しかし、幹線道路上が現場だが騒音は一切ない。

そこで思いついたんだ。

事故物件、殺人事件、変死事件等、
人が死んだ場所にレコーダーを設置し同じ事をしたら、
死者からメッセージが録音される。

車には、
テープレコーダーは轢かれませんでした。

死者は車に跳ねとはされて、
歩道沿いフェンスに激突死しました。

テープレコーダーを設置したのは歩道の端です。

実験成功例から、
あらゆる可能性があります。

設置場所なら、
事故物件、未解決事件遺体発見現場、
心霊スポット、変死発見現場などで、
メッセージが録れたら大きな情報でしょう。

あとは、
メッセージの裏付け調査をしたら、
謎が解けそうですし、
無念の声がしっかり残ります。

本の題名は、
確か『死後の世界』小学館発行だったかと思います。

著者又は監修が、
心霊研究家の山岡さんでした。

同じケースが、
フジテレビの奇跡体験アンビリーバーボーで放映されました。

イギリスの体育館に、
空軍パイロットの亡霊がでるスポットで、
大学生がテープレコーダーを置いた所、
プロペラ機が通過する音と二人の男性の掛け声が録音された。

音声をイギリスBBCがラジオ局で放送した所、
ペットがパニックになるなど大騒動になりました。

音声を日本の音響研究所で鑑定した所、
明らかにプロペラ機の音であり、
時速110キロメートルでテープレコーダー直近を通過。

男性の声は、
人間の声の声紋と判明しました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事