私が中学生だった頃の話です。

ある休日の昼間に、
母が台所で洗い物をしていました。

喉が渇いた私は何か飲もうと台所にいき、
母に

「二階の部屋片付けてきなさい」

と言われ、
そのまま台所横の扉から出て階段に向かいました。

すると上から掃除機を持った母が降りてきました。

「二階掃除機かけたけんね」

私はあまりの衝撃に硬直して動けませんでした。

母はそのまま階段を降りて、
階段下のリビングへ入っていきました。

その間、
台所からの食器を洗う音はずっと続いていました。

母が二人いるという事実に恐怖した私は、
その後はテレビを見ている妹にずっとくっついていました。

といった私の恐怖体験を妹にLINEで話したところ、
妹も

『母が二人いる夢を何度か見たことがある』

と返してきました。

なんでも、
夢の中で玄関の隅に誰かがいるなと思ったら
母だったとのことです。

ちなみに実家の玄関は結構広くて、
6畳ぐらいあります。

小さな部屋くらいの大きさです。

あと基本的に明かりはつけていないので暗いです。

そんな場所の隅にずっと立っているだけでも十分ホラーなのに、
それが母だったなんて、
恐怖以外のなにものでもありませんでした。

しばらくは母に会える気がしません。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事