高齢で一人暮らししていた母が突然亡くなり、
後始末のため1ヶ月ほど実家に泊まり込んで驚いた。

意味不明の集金が毎日のように来る来る。

今月の写経代とやらで5000円要求するバアア、
勝手にブリの切り身を持って来て一切れ1000円取る魚屋、
週2回花束をいくつも持ち込んで1万だ2万だとのたまう花屋。

朝は牛乳が3人がかりでも飲みきれんぐらい置かれていくし、
新聞はポストに4紙突っ込まれる。

母は軽い痴呆があったので、
どうやら町ぐるみでぼったくっていたらしい。

おっかない町だと思った。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事