有名な心霊スポット、
慰霊の森がある県。

そこのとある地区で起きた実話という触れ込みで聞いた話。

ある若い夫婦は妊娠はするものの、
長子が3歳になる前に亡くなったあとは、
検査では異常がないにも関わらず流産や死産が続いていた。

ようやく無事に次子が生まれたが、
長子が早逝していたこともあり、
ある程度名の知れた地元の拝み屋のような人に相談に行ったらしい。

拝み屋が言うには、
何者かに祟られているということ。
(確か蛇だった気がするけど忘れました。ごめんなさい。
さらに旦那さんの家系か、奥さんの家系かも忘れました。すいません)

何もしないままなら5歳になる前に死んでしまうと言う。

どうすればいいのかと聞くと、
とにかく水に近づけるな。

水難の可能性を排除して、
5歳を過ぎれば大丈夫だと言う。

確かに長子は水難事故で亡くなっていたこともあり、
夫婦はようやく授かった子の無事の成長のため、
お風呂を始め、洗顔や歯磨きに至るまで、
水を少しでも使用する場合は付き添ったりして、
とにかく注意して、
慎重に拝み屋のアドバイスを実行した。

そのかいあって、
次子は5歳の誕生日を迎えた。

盛大にお祝いしようと誕生日当日には、
親戚縁者を招いての誕生日パーティーが開かることになった。

招待客が到着するのを待っている間に電話が鳴った。

和室で子供と遊んでいた母親は、
念のため部屋を見回し、
麦茶のはいったコップを持って電話に向かった。

到着が少し遅れると言う親戚からの連絡だった電話を終え、
子供が遊んでいる和室に戻った母親が見たものは、
押し入れに頭を突っ込んで死んでいるわが子だった。

押し入れのふすまには、
波打つ海の絵が描かれていたそうだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事