お盆の日。

姉ちゃんと一緒に婆ちゃん家に行った時、
変な経験をした。

婆ちゃん家は海の近くにあったんだけど、
姉ちゃんの車を停める場所が家にはなくて、
海辺に車を停めることにしたんだ。

人の邪魔にならない場所がここしかなかったから。

色々行事が終わって家に帰ろうという時にはもう夜だった。

月明かりの下、
海辺に向かって姉ちゃんと二人歩いた。

あたりには誰もいなかった。

ふと右足首に違和感があって、
ズボンの裾でも靴に絡まったのかと思って見たけど、
何にもなってなかった。

それから何となく段々と右足首が重くなって、
段々と歩くスピードが落ちた。

どんどん遅くなり、
最早すり足の牛歩になってるのに、
姉ちゃんはこちらを見ない。

姉ちゃんは変わらないスピードでスタスタ歩いてしまって、
差が開き、とうとう姿が見えなくなってしまった。

ここに来ていよいよ不味いことになったと思ったけど、
止まるのはもっと良くない気がして牛歩でも歩いた。

暗いあぜ道を気配を感じつつ牛歩で歩くのは、
とても長く感じたし辛かった。

ふと、ある場所で嘘のように足の重さが消えた。

途端に急ぎ足、10歩も歩けば車についた。

車には姉ちゃんがエンジンふかしつつ待っていた。

呑気に。

車の中ですぐに姉ちゃんに抗議した。

置いてくなんて、
遅く歩くのを気づきもしないなんて薄情だって。

姉ちゃんは驚いてこう言った。

「だってアンタ、
女の人とおしゃべりしながら歩いてたじゃない!
だって、女の人と肩を組みながら喋ってたじゃない。
だって、あんなに熱心に喋ってたじゃない。
邪魔になるといけないから先に行ってただけなのに」

引きつった顔で、
姉ちゃんに自分は一人だったこと、
足が重くて歩けなかったことを話した。

その後の車のスピードは言うまでもなく速かったし、
途中のコンビニで塩を買ったし、
婆ちゃん家に電話して、
親戚と一緒ではなかったことを姉ちゃんに証明したりした。

後日、事情を話した親戚と一緒に同じ道を歩いてみた。

足の重さが消えた『ある場所』には小さな祠があった。

「この祠はご先祖様を祀ったものなのよ」

と説明してくれた。

ご先祖様が幽霊から救ってくれたのか。

それとも女の人こそがご先祖様で、
祠までの帰り道を一緒に歩いただけなのか。

それはちょっと分からないけど、
手を合わせた。

どちらにしろ、
お盆の霊は海や川を渡ってあの世に帰って行くらしいし、
いくら駐車スペースがなくても
海辺に車を停めるのは良くなかった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事