小さい頃、たまに遊びに行く公園に、
髪の毛の長いお姉さんが居ました。

子供心に、
変な雰囲気を持っていたお姉さんだった事を覚えている。

初めて会ったときから
やたら気に入られて可愛がられていた。

最初は

「名前なんていうの?」

とか、

「どこに住んでるの?」

など、
たわいも無い話をしながら、
遊び相手になってもらっていた。

お姉さんは猫が好きらしくて、
よく公園に集まる野良猫に餌をあげていました。

私はお姉さんと良く会うK公園よりも、
少しはなれた所のT公園の方が好きだったので、
何日かK公園に行かなかった日もあった。

久しぶりにK公園に行くと、
いつも座っているベンチにお姉さんはいて、
ネコに餌をあげていました。

お姉さんに声をかけると、

「Yちゃん!なんでここに来なかったの!?
ここにきてお姉ちゃんと遊ばなきゃいけないのよ!?」

と大声を出され、
ビックリして怖くなった私は、
それからはK公園に行くことは少なくなりました。

しばらくして、
久しぶりにK公園に行くと、
やっぱりそこにはお姉さんがいました。

今日は友達たくさんと来たし、
お姉さんと遊ばなくていいやと、
お姉さんを無視して遊んでいました。

すると、いつの間にか私の傍に来て、

「Yちゃん、お姉さんのうちに遊びに来ない?」

と、声をかけてきました。

「知らない人についてっちゃいけないんだもん」

と言うと、お姉さんは笑って、

「お姉ちゃんは知らない人じゃ無いでしょ?
それにお姉ちゃんの家はそこのアパートなのよ」

と、公園の隣のアパートを指差しました。

そこで安心してしまった私は、

「じゃあ、行く」

と、お姉さんと公園を出て
アパートに向かいました。

お姉さんの部屋は
アパートの一階の一番手前の部屋だったので、
何となく安心しながら部屋に入ると、
部屋はネコだらけでした。

見渡す限りネコ、ネコ、ネコ!

小さいアパートの1室に、
30匹位のネコが犇めき合っていました。

何となく異常な感じがして、お姉さんに

「私、やっぱし帰る!」

と言うと、
お姉さんは私の腕をつかみ、

「お姉さん子供が欲しいの。
でも子供できない身体なのよ。
だからネコを、子供と思って可愛がってるの。
ねえYちゃん、私の子供になって。
私と一緒に暮らそう?」

と言って腕を放してくれません。

「Yちゃん、お姉ちゃんのこと好きでしょう?」

と言いながら、
どんどん私を部屋の奥にまで押して行きます。

今まで見慣れていたはずのお姉さんの顔が、
知らない人のように見えました。

目がギラギラしていて、
口の形が奇妙にゆがんでいました。

お姉さんに見つめられてるだけじゃなく、
周りにいるネコも私の事を見ているように思えて、
怖くて声が出なくなりました。

その後どうやって部屋から脱出したのかは覚えていないのですが、
その日から私はK公園にいくことはありませんでした。

怖くてお母さんに話すことも出来ませんでした。

何年か経って、
あのアパートの前を通る度に、
あのお姉さんは今何をしているんだろうと思います。



後日談

なんか母から、
シャレにならない情報引きずり出してしまいました…。

ちょっと、混乱中です。

っても、あんまりたいした話じゃないんですが。

母に問いただしてみたところ、
母が言うには、

「ああ、あのOOさんとこの下の、おかしかった人ねえ。
よく知ってるわね?」

ハイ?(;゚д゚)ポカーン

「いや、って言うか、頭がおかしいって何?」

「いきなり奇声上げたり、刃物を振り回してみたり、
それになんか、小さい子を無理矢理連れ込んで何日も閉じ込めたり、
色々イタズラしていたみたいよ」

「い…イタズラ?」

「だから警察に捕まったんだけど、
ちょっとオカシイ人だったみたいで、
その後引っ越したって聞いてるけど?」

「そんな人が…家の近くにいたんだ…」

「なんか、猫の死体もいっぱい出てきたみたいだし、
結構大騒ぎになったのよ。
匂いも凄かったらしくて」

「猫の死体!?」

「でもお母さんも、
よくスーパーで猫を身体に巻きつけてるの見たわ~」

∑(;´Д`)「何っ!?」

「猫をね、おんぶヒモで、
グルグルに身体に巻きつけてるのよ。
赤ちゃんの代わりみたいに。
でもね、大体まき付けられているネコちゃん、死んでるの」

母との会話そのままです。

私は本当に一体、
どうやって脱出したんでしょうか?

私は…本当に何もされて無かったのでしょうか?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事