あるネトゲで怪談大会してて、
その主催の人が語っていた話がなかなか怖かった。

人間というものは生きていると、
その生活というか、
生きざまが身体に出てくるということがあります。

意地の悪い人は意地の悪い顔つきになる、
怒りっぽい人は怒りっぽい顔になるとよういいますけど、
その通りだと思います。

特に手というのは嘘がつけないもので、
職人さんの手はやはり仕事が染み付いた立派な手をしておられます。

うちの近くにある古武道の師範の手は
分厚く立派なものでした。

その師範が自分の手の一部を指して、

「人を殺めたもんにはこういうのが出てくる。
戦争の時に出来たが、まだ消えへん」

そんな事があるんやろかと思ってましたが、
うちのじいちゃんが死んだ時に手を見てみると、
その特徴がありました。

じいちゃんも戦争に行った人なので、
あの世代の方々はそういうことを抱えて生きてらしたのだと
しみじみ思いました。

その特徴ですがここでは教えられません。

分かりにくいっていうのもあるんですが、
オフ会でお会いしたときに私が困りますので。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事